統合失調症 家族のブログ

統合失調症患者の家族のための情報を発信します。

【13】徐々に悪化して数年が経つ

退院してから数年間、治療をしない状態が続きました。

仕事が多忙であり、また精神医療に対する不信感や諦めもあって、完全に放置していました。

母はまったく外出しなくなり、部屋に閉じこもるようになりました。

夜中に起きてきて、わたしが作ったり買ってきたりした料理をつまむのみです。

一日中、新聞や広告の裏に何やら呪文のような文字を書き続けており、その紙の束で部屋が溢れかえるような感じになっていました。

また、風呂に入らないので、不潔極まりない姿になっていきました。

常に独語、空笑がありましたが、なにやら幻聴との会話を楽しんでいるようであり、機嫌がすこぶる良いので「まあいいか」と思っていました。

なんとかしなければならない、という思いもなくはなかったのですが、「どうにもならない」と諦めていました。

また一大決心をして、移送会社に数十万を払って入院させても治るものではないし、また中途半端な形で早期に退院させられるだけだろう、と。

本人はなにやら毎日楽しそうだし、もういいんじゃないか、と。

買い物や食事の世話は大変だが、閉じこもっている分には害はないし、どううまくやればいいのかわからないが、自分が引き受けるしかない、と思っていました。

<<前頁  | 一覧 | 次頁>>

2018/02/01


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です