統合失調症 家族のブログ

統合失調症患者の家族のための情報を発信します。

【25】移送に関するスッタモンダ(4)病院側が動いてくれる

結局のところ、最終的に移送会社に頼むしか方法はなさそうだな、と思いましたが、いい加減疲れてきていました。

そもそも転院は病院が始めた話であり、転院先の病院のアレンジメントも含めて、病院がイニシアチブをとってここまできたのです。

移送手段を病院が用意できないのであれば、こちらとしてはあえて転院する理由はありません。

そろそろめんどくさいし、もう放っておこうかという気分にもなってきていました。

わたしの性格的な問題として、壁にぶつかるとすぐに解決策を見つけ、人が動く前に自分が動いてさっさと解決してしまう、ということがあります。

仕事が早い分にはよいのですが、膠着状態になったときに辛抱しきれず、結果的にいいように相手に動かされる、ということになっているとも思います。

性急にことを進めず、どっしり構えて成り行きまかせにしてみる、というのもひとつのあり方だろうな、と思いました。

すると病院のソーシャルワーカーから電話がかかってきました。

最終的に病院が車を出す、ということでした。病棟からは看護師が1人、そして担当のソーシャルワーカーも同乗する、と。こちらの読み通り、ジャンボタクシーは無理だったようです。

病院側としては「今月中の転院」ということにこだわっており、月末にさしかかりつつあるところでしたから、動かざるをえなかったのでしょう。

されど、一連のやりとりを通して、膠着状態にしびれを切らした家族が移送会社に頼むのを待つ、という病院の戦略(?)も間違いなくあるように思いました。

ともあれ、ようやく移送の目処がたちました。

非常に徒労感の残るやりとりであり、いったいなんだったんだろう、と思いますが、後述にて分析します。

<<前頁  | 一覧 | 次頁>>

2018/02/01


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です