統合失調症 家族のブログ

統合失調症患者の家族のための情報を発信します。

【1】母の統合失調症発症

わたしの場合、母が50歳過ぎてから統合失調症を発症しました。

そのときわたしは高校生で大学受験勉強中で、3つ上の姉は大学生で下宿生活でした。

父は母と離婚していて、母とは交流がなくなっていました。

はじめは被害妄想から始まったと記憶しています。

母は、体調が悪くなり更年期障害と診断されて2ヶ月ほど寝込んでいた時期に、ある日突然、

「いろんな人間に見張られている」「刑務所に行かなくてはならない」「夜中に屋根めがけてエアガンを撃ってくる人間がいる」…などと言い始めました。

目が完全に据わっており、妄想の話をするときは別人のようになりました。

四六時中、透明人間が話しかけてくるといったことも言っていました。

随分驚き、ショックを受けましたが、誰にも相談できませんでした。

父や姉に話しても、「普通やで」としか言わない。

確かに、7-8割は普通の会話ができており、半年ほど家事をしない時期もありましたが、体調の方は徐々に回復してやがて妄想の話もしなくなりました。

その後、どうにかこうにか大学に合格したわたしは、逃げるようにして下宿生活に入りました。

ときどき帰ったときに、母が作る手料理の味がおかしくて、やっぱりおかしいな、とは思っていました。

わざと腐らせた食材を利用したり、塩を入れなかったり…

統合失調症の症状のひとつとして、味覚障害があります。それが現れていたのだと思います。

<<前頁  | 一覧 | 次頁>>


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です